車検を受ける皆様へ
 

平成18年6月から、都道府県公安委員会(警察)が放置駐車違反の車両の使用者に放置違反金の納付を命ずる制度がスタートし、この命令を受けたにもかかわらず、放置違反金を支払わないまま都道府県公安委員会から督促を受けた方は、これを納付しなければ、当該命令に係る自動車の次回の車検(継続検査又は構造等変更検査)を完了する事ができない事となりました。(道路交通法第51条の7、第1項および第2項)
したがって、放置違反金を滞納されている方は、速やかにこれを納付し、その証明書を車検に際してご提示頂く必要があります。(納付頂けない場合は、法令の規定により、都道府県公安委員会が行う滞納処分の対象となります。)

納付書をお持ちでない方は、再発行されますので、各都道府県警察本部交通部にお問合せ下さい。
また車検業務を円滑に完了するため、自動車整備事業者が皆様および皆様のお車に関する情報を警察に照会し、必要な確認を行う場合には、同意書が必要となります。